Monthly Archives: 6月 2015

惰性でお金を借りるのは良くない

何か一時的な目的のためにお金を借りるのは良いのですが、惰性でお金を借りてはいけません。
お金を借りるという感覚が麻痺して、返済ができなくなる可能性があるからです。
とくに、生活費を借りるというのは惰性に繋がりやすいので、要注意です。
では一時的な目的って何でしょうか。


現在はお金を借りる目的が自由

今のキャッシング業界では、そのほとんどがお金を借りるのに目的を問われることがありません。
聞かれても参考程度で、自由にキャッシングを利用することができます。
ですから、初めは借りることに警戒心を持っていた方も、何度か利用していくうちに慣れてしまいます。
そうなると、慣れているからといって計画を立てずに借りたり、後で返せばいいのだからと惰性で借りたりしてしまいます。
そうなってしまったら感覚が麻痺しているといっても良いでしょう。


借りる時はここぞという時に

慣れてしまうと逆に失敗してしまうこともあるので、お金を借りるのはここぞという時にだけにすると良いです。
旧友と数年ぶりに遊ぶとき、取引先の接待をするとき、趣味の限定品を購入したいときなど、今しかない機会というのが巡ってくることがあります。
その時にお金がないとものすごく後悔するので、いざとなったらキャッシングを利用できるようにするとそういった機会を逃さずにすみます。
ただし、その時は必ず「毎月これくらいの金額を返して、どれくらいの期間をかけて返すか」という計画をたててくださいね。